Marriage Certificate = 婚姻届受理証明書

国際結婚として, 日本の市区町村役場で婚姻届出が受理された後, 配偶者のお国へ日本で婚姻したことの報告をしなくてはなりません。その際に必要となる証明書『 Marriage Certificate 』は 日本でいう『 婚姻届受理証明書 』となります。お国によって 婚姻報告する際の必要書類が異なりますので, ご提出先となるお国の 大使館/領事館 または 米国軍 へお問い合わせいただき確実な内容をご確認ください。

婚姻届受理証明書は, 婚姻届出をされた市区町村役場にて「受理証明書交付申請」されると発行してもらえます。婚姻届受理証明書の用紙タイプは2つあり選ぶことができます。

用紙タイプ①

賞状(上質)タイプ / 発行手数料:1400円

用紙タイプ②

通常サイズ(A4)タイプ/ 発行手数料:350円

ご提出先からの要請にもよりますが, 日本駐留の米国軍は, どちらのタイプの婚姻届受理証明書でも受付してもらえるようですので、ほとんどのお客様がA4サイズの婚姻届受理証明書と英訳文のセットで提出されております。A4サイズの婚姻届受理証明書をお選びになる理由については, 異動の多いミリタリーの方々が持ち運びしやすいサイズであることそして, 発行手数料が低コストなため合理的!ということからのようです^^ 

外国の方は記念になるものを飾るのが上手なので, 賞状タイプの婚姻届受理証明書は額縁に入れて玄関先や居間などに飾るようです^^ お二人の記念をディスプレイしてご自宅に彩りを添えるって素敵ですね✨

外国の公的機関へご提出予定の書類翻訳お見積もりご希望の際は、当該の書類を写メール送信にてお気軽にご連絡ください^^ メール返信にてお見積もりと翻訳所要時間のご案内さし上げます。(お見積もり無料です!)

メールアドレス:okinawatranslator@gmail.com

私はデビット・ヒギンズと申します。法的文書から一般的文書、その他各書類等を翻訳しております。日本語と英語を始め、中国語、韓国語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語などの言語も翻訳いたしております。私のオフィスは、沖縄県北谷町にあります。ご質問やご相談の際はお気軽にお問い合わせ下さい。またオフィスへのお立ち寄りも歓迎しておりますが、営業・配達等でオフィスを留守にすることもある為、お越しの際はご連絡からお願いいたします。