Tag: 役所 交付 文書 翻訳

 お客様ケース1:「ドイツ国での手続きに戸籍謄本が必要です。海外からでも戸籍謄本は取得できますか?また、アポスティーユ認証もできますか?」 はい、可能です。この場合、当社の代理取得サービスをご利用いただけます。戸籍を代理で取得後、ご提出先がドイツ国のようにハーグ条約加盟国であれば、アポスティーユ認証が必要な場合が多いです。また、海外の官公庁に提出する場合は、翻訳も必要な場合がほとんどですので、ご提出先の機関に問い合わせましょう。当社が代理取得した文書はお客様の海外住所へ郵送(有料)いたします。  お客様ケース2:「日本で外国人と結婚し、現在海外に住んでいますが、婚姻届受理証明書を紛失してしまいました。こちらでの銀行の手続きに必要なのですが、帰国せずに書類を取得できる方法はありますか?」 はい、可能です。この場合、当社の代理取得サービスをご利用いただけます。当社サービスをご利用いただくことによって、自宅のパソコンからすべての手続きを行うことができ、当社が代理取得した文書はお客様の海外住所へ郵送(有料)いたします。  お客様ケース3:「アメリカ人と結婚し今年から海外在住ですが、こちらでの確定申告の際、区役所発行の過去の課税証明書を提出しなければいけないと言われました。米国在住で一時帰国の予定もありません。どうしたら帰国せずに証明書を取得できるでしょうか?」 この場合、当社の代理取得サービスをご利用いただけます。戸籍謄本などの書類と同様、当社が文書を代理取得し、文書はお客様の海外住所へ郵送(有料)いたします。  お客様ケース4:「海外で仕事をしている者です。今度こちらで現地の方と結婚することになりましたが、日本で離婚歴があるため離婚を証明する書類が必要です。私の代わりに取得していただくことは可能でしょうか?また、取得した文書をロシア語に翻訳していただけるでしょうか?翻訳証明書は発行していますか?」 どちらも可能です。当社の代理取得サービスをご利用頂き離婚届受理証明書等を取得後、ロシア語に翻訳し現地住所へ郵送(有料)いたします。また、沖縄翻訳では、お客様からのご要望があれば無料にて翻訳証明書を発行しております。翻訳証明書の提出が必要な場合もあるので、ご提出先の機関に事前に確認しましょう。  お客様ケース5:「海外にて就職活動をしていますが、資格・免許を証明する文書の提出を求められました。看護師免許の原本は手元にありますが、認証が必要だと言われました。これはどういう意味でしょうか?」 保持する資格が国家資格である場合、外務省による【公印確認】を取得することができます。お手元にある資格証・免許証の原本を当社に送付していただき、代理で公印確認を申請することができます。文書はお客様の海外住所へ郵送(有料)いたします。  お客様ケース6:「海外にて就職活動をしていますが、資格・免許を証明する文書の提出を求められました。ネイリスト1級の資格証の原本は手元にありますが、認証が必要だと言われました。どうすれば良いでしょうか?」 保持する資格が民間資格である場合、公証人役場による【公証】を取得することができます。お手元にある資格証・免許証の原本を当社に送付していただき、代理で公証を申請することができます。文書はお客様の海外住所へ郵送(有料)いたします。 アポスティーユ 認証のできるお国については下記のハーグ締約国よりご確認いただけます。

Tagged with: , , , , , ,

 

Tagged with: , , , , , , , , , , ,

公文書 *役所交付* →全部事項証明書(戸籍謄本) →個人事項証明書(戸籍抄本) →除籍謄本/抄本 →記載事項証明 →受理証明書(大・小) →身分証明書 →所得証明書 その他 証明書 ・ ・ 外国交付文書 *米軍基地発行* →婚姻要件具備証明書 →宣誓供述書 →基地外開業許可書 その他 証明書 *行政機関発行* →出生証明書 →婚姻要件具備証明書 →独身証明書 →居住証明書 →親族関係証明書 その他 証明書 ・ ▶︎証明書の代理取得について

Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

ご両親が外国の方、もしくはご両親のどちらかが外国籍の方のお子様は、駐日の大使館・領事館または、駐日米国軍基地への出生届(報告)が必要とされています。その際の必要書類は、各国の大使館・領事館または、駐日米国軍基地の各窓口によって異なりますので、必ずご提出先へご確認いただくことが先決となります。 下記3点の出生に関する書類より、必要書類が1枚のみで良い機関、2枚以上の書類が必要となる機関がございます。(米国軍基地は受付窓口のご担当の方によって異なるようです) ・ ▼出生届記載事項証明 ▼出生届受理証明書 ▼戸籍謄本/抄本 ・ 次に、必要書類が異なる例として 米国大使館・領事館 と フィリピン共和国大使館 の 両ウェブサイトを参考にご案内いたします。 ・ 米国大使館・領事館への出生届は、ご両親のどちらかが日本国籍であれば、必要書類が戸籍謄本のみで問題ないようです▼詳細は下記クリックしていただき米国大使館・領事館ウェブサイトにてご確認ください▼ ・ 続いてフィリピン共和国大使館を見てみましょう。フィリピン共和国大使館へ出生届をされる際は、出生届記載事項証明書や、結婚証明書、その他諸々…▼ このように行政機関によって必要書類が異なりますので、必ずご提出先にご確認いただくようお願い致します。 ・ 翻訳をご検討の際は お気軽にご連絡ください。 ☎ 050-5534-5965 ✉ okinawatranslator@gmail.com ▶︎ 料金案内

Tagged with: , , , , , , , , , , ,

▼ 戸籍謄本の見本 ▼

Tagged with: , , , , , , , , , ,