NHKによる2018年の調査によると、日本において宗教を信仰している人の割合は人口に対して36%でした(冠婚葬祭の時だけでなく、普段から信仰している宗教)。数字だけ聞くと案外多い感じもしますが、アメリカの88%とは大違いですね。 人口の約半数以上が宗教を信仰していない日本では、神前式、人前式、キリスト教風チャペル式など、いろいろな結婚式がありますよね。そこで、今回は世界の宗教別の結婚式を調べてみました! 【仏教】 世界中に約4億人の信者をもつ仏教は、分布範囲が広く、また、結婚式を「行うべき儀式の一つ」とみなしていません。これは、仏教が婚姻というものをあくまでも個人の選択であり宗教上の義務とみていないからです。そのため、結婚式のスタイルは、信者の出身国の文化や風習になぞり行う傾向があります。例えば、インドではバークという金襴を使用したドレスを着ますが、日本では和装、タイ王国ではウェディングドレスを着る花嫁さんもいます。ちなみに、かの有名な米アップル社の共同設立者である故スティーブ・ジョブスさんも若い頃より仏教徒であり日本にて仏前式を行いました。 【キリスト教】 キリスト教は世界で一番信仰されている宗教で、世界三大宗教の一つです。たくさんの宗派があるキリスト教ですが、ここではカトリックとプロテスタントについて紹介します。 カトリックは別名「ローマ・カトリック教会」とも呼ばれ、ローマ法王を中心とする教派です。カトリックの結婚式は、カップルのうち少なくとも一人が信者でなければなりません。式を挙げるにあたり、特別な場合を除いて、カップルの両方が初婚であるのも条件です。自身が普段から通い礼拝している教会で挙式するのが一般的で、神父が式を進行します。また、祭壇には十字にかけられたイエスキリスト像があります。 また、カトリックの結婚式にはミサの儀式、聖餐式、婚姻の儀などが含まれており、通常2.5~4時間と長時間かかるのが特徴です。ドレスや飾りつけなどがメインではなく、あくまでも「聖なる神の前で結婚の契りを誓う」ための儀式なのです。他にも多数のルールがあるカトリックの結婚式ですが、今回はここまで。 一方、プロテスタントの教会では、信者でなくとも挙式することができます。教会を選んだら、指定された礼拝や講習会に通い、牧師の許可を得て挙式します。アメリカには、「普段は教会に通っていないがキリスト教です」という方もいらっしゃるので、そのような方々もプロテスタント系の教会にて式を挙げます。祭壇には十字がかかげられ、基本的にヴァージンロードは白色です。日本でみるチャペル婚は、このプロテスタント様式に似ているようですね。 【イスラム教】 イスラム教はキリスト教に次ぐ約16億人の信者数をもつ世界三大宗教のひとつです。イスラム教の結婚式にはいくつかの種類がありますが、一般的なのは「ニカー」とよばれる結婚式で、通常モスクで行うイスラム法に基づく結婚契約となります。また、イスラム教でも、日本のように戸籍上の夫婦となることは比較的に可能ですが、ニカーには「アラーのもとで結婚生活が許される」という意味を含んだ儀式です。日本で結婚する場合も、必ずモスクでニカーの儀式を行う必要があります。 イスラム教の儀式には、男女を区別して行うものがたくさんあります。これは挙式後の披露宴についても同様で、新郎新婦および招待客は男女別々の披露宴会場に分かれてパーティーを行います。もちろん、男女別の披露宴を選ばないカップルもいますが、女性教徒の服装ルールなどのこともあり、別々で行うことが多いようです。花婿は男性招待客とお祝いし、花嫁は女性招待客とお祝いをします。女性は顔や体を覆うブルカなどを脱ぎ、着飾ったおしゃれな格好で楽しみます。 【ヒンドゥー教】 こちらも世界三大宗教のひとつで、世界に約11億人の信者がいます。ヒンドゥー教の結婚式は、その派手さと期間が長いことで有名で、聞いたことがある人も少なくないと思います。ヒンドゥー教では、結婚式は家族同士の結びつきを祝する人生最大のイベントのひとつと考えられており、たくさんのお金とたくさんの人々とたくさんの儀式が組み込まれます。平均で年収の約4倍をつぎ込むと言われており、準備期間も大変長く、式自体も3日~1週間以上続く結婚式も少なくないようです。しかし、式の期間中ただただ飲み食いしながらどんちゃん騒ぎをしているわけではなく、毎日取り決められた儀式を行っているのです。また、夫婦の婚姻を祝う気持ちさえあれば、招待状やご祝儀を持っていなくとも、正装をしてなくとも、通りすがりでも、勝手に入場してOK&飲食自由というところがおもしろいですよね。ちなみに最近ではすっかり流行となったヘナタトゥーもインドの結婚式からきています。 【ユダヤ教】 世界最古の宗教といわれるユダヤ教の結婚式は、ラビとよばれる最高指導者が執り行います。他の宗教同様、日本人にとっては馴染みのない儀式もあり、とりわけ象徴的なのは「フッパー(Chuppah)」とよばれる天蓋を使った儀式。神が世界を7日間で創造したという考えになぞらえ、中に新郎が座り祈りを唱えているフッパーの周りを新婦とその母親が7周回ります。また、フッパーの下でラビが「あふれるほどの神の祝福がありますように」と祈りを込めグラスにワインを溢れるほど注ぎ、新郎新婦がワインを飲むと、新郎はグラスを地面に落とし踏みつけて割ります。それが合図となり、厳粛なムードから一転、「おめでとう(Mazel Tov)!」という大歓声とともに盛大なパーティーが始まるのです。 いかがでしたか?世界にはいろいろな結婚式がありますね!^^

Tagged with: ,

日本人が海外に住むためにビザが必要なように、外国人が日本で生活するためにもビザが必要となります。日本ではこれを「在留資格」といい、在留が許可された外国人には「在留カード」が発行されます。ビザにはたくさんの種類がありますが、外国人が日本人と結婚した場合、その外国人の在留資格は「日本人の配偶者等」と呼ばれるものになります。 在留許可の申請から在留カードの交付までの処理期間は、通常2週間~1ヶ月かかります。しかし、込み合っている場合はそれ以上かかる可能性も十分考えられますので、申請在留期限が満了する一ヵ月以上前に申請することをおすすめします。在留許可は在留期限満了の3ヶ月前から申請が可能ですので、申請すると決まっているのならば、できるだけ早めに申請した方がいいかもしれません。 在留許可の申請は、管轄の入国管理局を訪ね、日本人の配偶者等の在留資格の必要書類を教えてもらいましょう。 一般的な書類は、・パスポート・申請書・顔写真・身元保証書・日本人配偶者の戸籍謄本・日本人配偶者の住民票・日本人配偶者の納税証明書などです。 上記の他にも、ケースによって必要書類が追加されたり不要となったりする場合がありますので(所得課税証明書・軍籍離脱証明書・婚姻証明書など)、申請前に、必ずあなたのケースに必要な必要書類を入国管理局に足を運んで聞くか問い合わせましょう。 在留許可は、出入国在留管理庁入国管理局が管理する法的手続きです。必ず求められた書類を揃えて提出しましょう。例えば、必要書類として戸籍謄本が要求されたにもかかわらず、「間違って戸籍抄本を発行してもらったけど、似たようなものだしいいか!」と戸籍抄本を持参して提出してしまうと、申請時の書類チェックの段階で却下される可能性が大きいです。そうなると、何度も市役所や入国管理局に足を運ぶことになりますし、手続きにも時間がかかってしまいます。 また、この手続きの申請には料金が発生しません。ただし、在留の許可がおり、在留カードを受け取る際に発行手数料が4000円発生します。※2020年6月時点での手数料です。変更される可能性もございますので、入国管理局の方へご確認ください。 この手続きは、米国軍隊に所属する配偶者が除隊した方も対象となります。※ただし、現役兵隊から軍属(シビリアン)に転属した場合はSOFA資格となり日本での在留手続きは必要ありません。

Tagged with: , ,

最近では、日本でもブライズメイド(Bridesmaid)やグルームズメン(Groomsmen)を使う方をみたりします。これはヨーロッパや北アメリカによくみられる風習で、通常引き受けてくれた方々は「ブライド(新婦)またはグルーム(新郎)の結婚式までの道のりをサポートします」という意味です。 ブライズメイドのうち、リーダー的なまとめ役を担う人のことを【メイドオブオナー(Maid of Honor)】、グルームズメンのうちのまとめ役を【ベストマン(Best Man)】と呼びます。これらに選ばれることはとてもとても光栄なことで、お願いする時にサプライズをしたり、嬉しすぎて涙を流す人もいたりします。ぜひYouTubeなどで検索してみてください! ブライズメイド(女)やグルームズメン(男)には、兄弟姉妹、義兄弟姉妹、いとこ、仲のいい親類、親友、友人など、同世代の親しい方々を選びます。人数は自由ですが、両方の数を揃えるのが一般的です。(入場やダンスでのペア作り等のため) また、グルームズメンは、バチェラーパーティー(Bachelor Party)、スタッグパーティー(Stag Party)、バックスナイト(Buck’s Night)と呼ばれる新郎の独身最後の夜を過ごす、いわゆる「独身さよならパーティー」の主催やお供をすることが多いそうです。新婦の場合は、ブライズメイドとともにバチェロレットパーティー(Bachelorette Party)で独身最後の夜を楽しみます。 多くの場合、新郎新婦になる人へのお祝いを意味して、ブライズメイドやグルームズメンがすべての費用を負担します。 結婚式を特別なものにしたい!と思うのは日本も海外も一緒。海外(特に西欧)では、カップルが結婚式の「テーマ」を決め、参加型にすることもあります。テーマは様々で、「カントリー(田舎風)」、「マーメイド」、「ビンテージ」、「中世ヨーロッパ風」、「カジュアル」、「紫色」、「自然」、「マスカレード」「映画グレイテストショーマン」などひとつのテーマを決め、そのテーマに沿って飾り付けや食事の用意などをします。その際、雰囲気作りのため、ドレスコードを設けることがあります。招待状で確認したり、ドレスコードやNGカラーはあるか直接聞いたりすると当日の服装も決めやすいですよね。 ちなみに、ブライズメイドやグルームズメンを頼まれた方は、他のメンバーと衣装のスタイルや色を揃えます。 結婚式。考えれば考えるほどワクワクしますね!よければこちらもお読みください⇨【式場・ダンス編】/【ご祝儀・食事編】

Tagged with: , , , , ,

海外ウェディングやリゾ婚を希望するカップルが増えています。また、外国の方とご結婚なさった方はお相手の方の国で挙式する方もいると思います。 定番のハワイ・グアム・バリ・サイパン・モルディブ・タヒチなどのビーチ/リゾート婚や、完全に「洋風」なアメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド、はたまたヨーロッパの大聖堂や古城という「THE西欧スタイル」まで、人気ロケーションの選択肢は多々です^^ 日本のスタンダードな結婚式は、ホテルや式場を借りたウェディング、神前式などが主流ですよね。 海外(特に西欧)では、結婚式を専門とする「結婚式場」が無い国も多いですので、【少しおしゃれをして役所や裁判所で結婚】が多いそうです。 もちろん、ドレス、招待状、ブーケ、テーブルやイス、デコレーション、記念品、食事、神父の手配、ウェディングケーキなど、すべてカップルが周りの方々に協力してもらい、個人で用意することがほとんどなんです。(アメリカの場合、田舎に近づけば近づくほど専門店はないですね) 結婚式場がある国でも、予算の関係上、現地の方々は教会や公園、庭(家のバックヤード)などで式を挙げたり(いわゆる最近日本でも流行りのガーデンウェディングに近い)、カントリークラブなどを貸し切り披露宴として食事や余興を楽しみます。 そして、海外における結婚式のような盛大なお祝い事の際にとても大事になってくるのがダンス。CDでも良いですが、演奏バンドやDJを雇うカップルもいますね。式場ではちょっとしたオープンスペースを設け、自由に踊ります。日本では若い人すら躊躇しそうですよね^^;でも海外では、老若男女みなさんダンスが大好き!赤ちゃんから車椅子のひいおばあちゃんまで、健康な方は一度は参加します。 実はダンスには種類やルール(近年では行わない人もいますが)があります。(アメリカ)「ファーストダンス」では新婚カップルが初めのダンスします。「ペアレンツダンス」は、新婦が自分の父親とダンスするものですが、おじいちゃん、おじさん、義父、継父とダンスすることもあります。その後、または同時に、新郎は自身の母親と踊り、希望があればおばあちゃん、おばさん、義母、継母とダンスします。ペアレンツダンスのあとは、他の家族も各自参加します。他にも、参加者全員による「ウェディングパーティーダンス」や夫婦歴が一番長いカップルが踊る「アニバーサリーダンス」などがあります。 アメリカをはじめとする国々では、披露宴の最後に「マニーダンス(またはドルダンス)」をするカップルもいます。これは式当日に一人一人が新婚カップルを祝う機会を設けるためものであると同時に、彼らに対し良き将来を願いプチ貢献するものです。ダンスと共に、彼らの衣装にお金をピン留めしたり、置かれた新婦のヒールにコインを入れたり、新婦の腕に巻かれたサッチェルなどにお金を入れたりします。お金は形式上のものなので、少量(通常1ドル〜気持ちの分)で構いません。 いかがでしたでしょうか^^国や地域が違うと結婚式も全然違うものに思えてきますよね!!ぜひこちらのブログもご閲覧ください⇨【お祝儀・食事編】/【付添人・テーマ編】

Tagged with: , , ,

日本では、結婚式にお祝儀はつきものですが、ご祝儀を渡す文化がない国もたくさんあります。そのような国では、プレゼント(特に家電のような新婚カップルの新居に必要そうなもの)を用意する方々が多いです。また、新婚カップル側がお店を指定し、お店でそのカップルの「結婚祝いリスト」を見せてもらい、他の知り合いがまだ買っていないものを購入してお店側に預ける、といったサービスもあります。また、ご祝儀はご祝儀でも、オンラインで事前に渡すこともあります。 日本ではホテルや式場などで披露宴を行うため、人数分のコース料理や、円卓のお料理を用意します。西欧はというと、日本のような食事が準備されることもありますが、あくまでも新婚カップルのお祝い+ダンス+歓談がメインであり、食事はその時間の補佐役なのです。ですので、サーフアンドターフのようなワンプレートディナー、フィンガーフード(ピンチョスのような軽食)、ビュッフェスタイル、一品持ち寄りなど、いろいろな食事の用意の仕方があります。 中には、タコス、ピザ、キャセロール、フライドチキン、ホットドッグ、ハンバーガー、ポテチなど・・・サッと食べやすい(?)ファストフードのようなメニューにするカップルも意外と多いそう(笑) ☆☆☆おまけ☆☆☆ ・引出物やお返しを用意しない国も多い・DIYで自分たちの結婚式を「作る」カップルも多々! 国が違うと個性がはっきり分かれるのが結婚式なんですね〜。よろしければ是非こちらもお読みください⇨【式場・ダンス編】/【付添人・テーマ編】

Tagged with: , ,

当社では、たくさんの国際カップルをサポートしてきました。 米軍関係の方々が多い沖縄県では、「国際結婚」=「アメリカの方と結婚」と想像しがちですが、実は、皆さまいろいろな国籍の方とご結婚されているんです! もちろん、米軍関係の方が日本人以外の外国の方とご結婚されるケースも多いですよ:) 沖縄翻訳でサポートさせていただいた諸外国は以下の通りです。 ☆ アイルランド☆ アフガニスタン☆ アメリカ☆ イギリス☆ イタリア☆ インド☆ インドネシア☆ ウクライナ☆ オーストラリア☆ カナダ☆ 韓国☆ ギリシャ☆ キルギスタン☆ クロアチア☆ ケニア☆ コロンビア☆ シンガポール☆ ジンバブエ☆ スリランカ☆ スロバキア☆ スウェーデン☆ セントビンセント及びグレナディーン諸島☆ タイ王国☆ 台湾☆ 中国☆ チュニジア☆ チリ☆ ドイツ☆ トリニダード・トバゴ☆ トルコ☆ ナイジェリア☆ ニュージーランド☆ ネパール☆ ノルウェー☆ パナマ☆ ベトナム☆ ペルー☆ ベルギー☆ フィリピン☆ ブラジル☆ フランス☆ ブルガリア☆ ポーランド☆ 香港☆ マレーシア☆ メキシコ☆ ラオス☆ ルーマニア☆ ロシア 上記以外の国や、ご旅行で来日された外国人同士の日本でのご結婚も、サポートさせて頂いております。 また、沖縄県内だけでなく、県外のお客様への遠隔サポート(電話・Eメール・郵送などでの対応)も承っております。 質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

Tagged with: , , ,