健康診断の翻訳が必要なケース * 米軍隊の方とご結婚後、相手の保険に加入するとき * 米軍基地での雇用 * 各国ビザ申請時               …など 診断書の翻訳が必要なケース* 外国や米軍基地内の病院から日本の病院に紹介されたとき* 日本の病院から外国や米軍基地内の病院に紹介されたとき(妊婦さんなど)* ビザ申請時* 外国発行の診断書を市役所に提出するとき               …など 病院によっては英文で文書を発行しているところもありますので、健康診断または受診された病院へご確認ください。 シンプルなタイプの文書に限らず、細かいタイプの健康診断結果報告書や診断書の翻訳も行っております。 医療文書の翻訳に関する詳細はこちら 医療文書の翻訳には定価がございません。文書の内容量やタイプによって料金が異なる旨ご了承ください。お見積もりは無料となりますので、お気軽にご連絡ください。Eメール: okinawatranslator@gmail.com電話番号: 050-5534-5965

米軍隊に所属する方やその他外国籍の方とご結婚された方は、お相手の国の大使館や領事館(米軍隊はリーガルオフィス、アイパック(IPAC)オフィス等)より戸籍謄本の提出を求められることがあります。米軍隊とご結婚なされた方は必ず戸籍謄本の翻訳が必要となります。 また、留学、移住、ワーホリ、転勤などで外国へ渡航される方も、ビザ申請などの際に戸籍謄本の提示を求められることがあります。当社では日本国内で発行された戸籍謄本を英語またはその他の言語(言語の種類問わず)への翻訳を承っております。お急ぎの場合、翻訳文書を当日お受取りできることもございますので、お気軽にご相談ください。 戸籍謄本についての料金や詳しい内容はこちら Eメール: okinawatranslator@gmail.com電話番号: 050-5534-5965

沖縄翻訳では、外国の方との裁判所手続きなどに必要となる書類の翻訳を行なっております。 【例】 養子縁組に関する州法 氏変更手続き 親権者変更 婚姻費用分担請求 夫婦円満調整 委任状 訴状 証拠説明書 損害賠償請求事件文書 など 法律文書となりますので、文字数(英語は単語数)をカウントしお見積もり差し上げます。 文書の翻訳料金のお見積もりは無料でいたしますのでお気軽にお問い合わせください。 ☎︎ 050-5534-5965 ✉️ okinawatranslator@gmail.com

アメリカ国籍の方と結婚した日本人配偶者の方々のうち、アメリカに移民する場合には「家族に基づく移民ビザ」を請願します。 その際にビザを申請するのは、アメリカ人の配偶者です(ビザ申請人)。 そしてビザを受け取るのが、日本人の配偶者となります(ビザ受給人)。 このビザを申請する際に提出するのが I-130 (フォーム・アイワンサーティー)とよばれる申請書です。 I-130請願書は、すべて英語で書かれており、記入欄に記入する際もそのほとんどを英語で記入しなければなりません。 ビザ申請は法的手続きとなりますので、正確な情報を正確に記入する必要があり、不備などがあると申請が却下される場合もあります。 沖縄翻訳では、I-130日本人配偶者記入欄の翻訳サポートを行っています。 (*ビザ申請自体は、アメリカ国籍の配偶者が申請しなければなりません。) 日本人配偶者の方は当社で用意する書式に日本語で記入するだけでOKです。 お客様が日本語で記入された内容をもとに、アメリカ人配偶者が申請手続きで必要なI-130の日本人配偶者情報の箇所を英語に変換しお渡しします。 料金は一部(一人)につき一律10,000円となります。 ☆サポートの流れ☆ ①お支払い ↓ ②日本人配偶者の方へ日本語のI-130書式の記入部分をお渡しします ↓ ③必要箇所を日本語で記入し当社へ返送してください ↓ ④お客様が記入した情報を当社が英語に変換しお渡しします ↓ ⑤申請人であるアメリカ人配偶者にお渡しし、ビザ申請時にご使用ください

海外への引っ越しはとても大きな決断です。それに伴い、引っ越しが決まったら、やるべきことや手続きがたくさんあると思います。 当社では、基本的には必要書類や提示を求められた書類の翻訳のみをおすすめしておりますが、海外へお引越しされる方々は“念のため”必要となるかもしれない書類を翻訳する方も多いです。 例えば、戸籍謄本、婚姻届受理証明書、離婚届受理証明書、医療文書、出生届受理証明書、納税証明書などの役所発行文書や、警察署から発行される犯罪経歴証明書、身分を証明するマイナンバーカードや運転免許証などがあります。 また、犬や猫などのペットがいる方は、動物病院が発行する予防接種や診察などの記録を翻訳することもあります。詳しくは【ペットに関する書類の翻訳】を参照。

☆米軍基地内の病院をご利用される場合 県内・国内の病院から基地内の病院に変更する場合、日本の病院が発行するあなたの検査結果や診療情報提供書を英語に翻訳する必要があります。 当社の場合、妊娠している日本人の奥様が、利用している日本の産婦人科から米軍基地内病院の産婦人科へ担当科を変更する際に、紹介状や検査報告書などの翻訳をご依頼されるケースが半数以上です。 また、普段は軍病院をご利用の方でも、軍病院では受けられない治療や取り扱っていない専門診療科が必要な場合には、沖縄県内・日本国内の病院を利用します。それに際し、軍病院への報告として提出する検査報告書などの医療記録の翻訳が必要となります。 ☆米軍雇用前健康診断を提出される方 米軍における雇用の合格通知を受けた方は、正式な採否を決定するため、健康診断を受け、結果を提出しなければなりません。健康診断は日本国内・沖縄県内の病院にて行われますので、結果報告書も日本語表記となります。しかし、これは米軍に提出する文書であるため、英語への翻訳が必要となります。 ☆米軍基地内の病院をご利用した方 軍病院を利用し、その後日本の病院へ移る方は、英語で発行された医療文書を日本語へ翻訳する必要があります。この場合に多いのは、日本人の奥様が軍病院で出産後、日本の市役所に子の出生届を提出する際、軍病院から発行された英文の出生証明を日本語に翻訳するというケースです。 医療文書の翻訳は当社にお任せください。

当社はたくさんの医療文書を翻訳してきましたが、特に多いのが、産婦人科医院からの紹介状(医療情報提供書)・検査結果や予防接種の記録です。 *日本の産婦人科に通っていたが、基地内の病院で出産をご予定の方*基地内でご出産された方(詳しくは▶︎こちら)*基地内の病院より、出産にかかる検査を日本の病院でするよう勧められた方 などは、日本の病院は発行する医療情報提供書や検査結果などを求められることが多く、その場合は訳文を添付します。 また、上記に加え、米国側(旦那様)の保険に加入する際や、米国ビザを申請する際に、予防接種記録や母子手帳の予防接種欄を求められることも多いです。

お子様のご誕生おめでとうございます。 米国軍隊が数多くある日本では、米軍人・軍属の方と結婚される方も少なくありません。それに伴い、米軍基地内の病院でご出産される方も多いかと思います。 在日米軍基地内の病院で出生した子を日本の市区町村の役所に報告する際に必要な書類は、日本の病院で出産した場合とあまり変わりません。 上図のような、医師の署名付き出生証明書が付随した出生届を提出します。ただし、市役所によっては追加書類を求められることがあるので、提出先の役所に確認しましょう。 まれに、どうしても基地内病院の医師から署名をもらえない場合があります。その場合は、下図のような文書を提出されているお客様が過去にいました。これも、役所によって異なるかもしれませんので、事前にご確認することをおすすめします。

在日米軍・米軍属の方と婚姻された方は、基地へのアクセス権限を受けるため、IDの手続きが必要となります。これは、「軍人の配偶者」として交付してもらうものです。 その手続きの際、身分証明書2点の提示を求められることがあります。一般的にはパスポートと運転免許証を提示する方が多いですが、どちらかが無い場合はマイナンバーカードもOKです。 基地や所属している部隊(陸軍・空軍・海軍・海兵隊)で提出書類が異なるため、事前に基地内のリーガルオフィスに確認しましょう。 パスポートはそのままご提示いただけますが、運転免許証やマイナンバーカードなどは訳文が必要となりますので、お気軽に当社にご連絡ください。

沖縄翻訳では、中国語から日本語または英語への翻訳を行なっております。     一口に「中国語」と言っても、その地方によって使用される話し言葉や字体の種類が異なります。 違いを大きく分けると下記となります。   話し言葉・・・ 北京語(普通話-Mandarin)              or         広東語(広東話-Cantonese)   書き言葉・・・ 繁体字(Traditional Chinese)              or         簡体字(Simplified Chinese) ****** 地域における主な違いは下記となります:   ☆ 中国本土/シンガポール    中国本土やシンガポールでは       北京語が話されますが、書面   では簡体字が遣われます。 (シンガポールの公用語は英語ですが、多くの人が中国語を話します)     ☆香港/マカオ/広東地域 香港では広東語が話され、書 面では繁体字が使用されます。     …

中国語の翻訳について Read more »