日本人が外国人とアメリカで結婚した場合でも、日本の役所に届け出る必要があります。 これは、役所(国の行政)があなたの身分状況を把握し、自身の戸籍に婚姻の事実を記載するために必要な手続きです。 日本の役所に報告する方法は2つあります。 ① アメリカに駐在する日本国大使館・領事館へ届け出る。  ② 日本の市役所に直接書類を郵送し届け出る。(役所によって必要書類が異なる場合がございますので、提出先に事前にご確認ください) 婚姻届は、アメリカでの婚姻成立日から3ヶ月以内に提出しなければなりません。ただし、期限が過ぎた場合でも遅延理由書を添えて提出することができますので、気が付いたらすぐに届け出ましょう。 また、婚姻に際し苗字を変更したい場合には、婚姻成立日から6か月以内に「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出しなければなりません。氏変更の届出は、婚姻の報告とは異なり、期限内に提出できなかった場合は日本の家庭裁判所での手続きが必要になりますので気を付けましょう。 もちろん、日本の役所が市民ひとりひとりの状況を把握することはできませんので、自己申告という形になります。 沖縄翻訳では、結婚当初に日本の役所に届け出なかったため、のちに日本で結婚の証明をしたいときや、日本に移住した際のビザ手続き、子の出生・離婚などを戸籍に記載したいときに不便かつ手続きが難航する方々がまれにいらっしゃいます。 アメリカ在住の方は特に、どうしても後回しにしてしまいがちですが、日本への届け出は義務ですし、のちのち苦労しないためにも、アメリカでの婚姻は速やかに役所に報告しましょう。

Tagged with: , , , , ,