Category: 各種証明書

1989年11月9日以前にアメリカ国籍者と婚姻した方の婚姻届受理証明書

1989年11月9日以前に日本において米国籍者と結婚した方 1989年11月9日以前に日本において米国籍者と結婚した方で、在日米国領事館・大使館に婚姻届出をされた方の婚姻の記録(「公式婚姻公認証明書」)は、日本の市役所や区役所には保管されていません。 公式婚姻公認証明書は米国ワシントン州国務省にて記録保管されています。証明書は下記のリンクよりご自身にてお求めいただけます。 https://travel.state.gov/content/travel/en/international-travel/while-abroad/marriage-abroad/request-copy-marriage-abroad.html

Tagged with: , , , , , , , ,

1989年11月9日以降にアメリカ国籍者と婚姻した方の婚姻届受理証明書

1989年11月9日以降に結婚された方で婚姻届受理証明書の再交付をお求めの方は当社のサービスをご利用いただけます。 (1989年11月8日以前のご結婚の方はこちらをクリック) 当社サービスを利用し役所より婚姻届受理証明書を再交付する場合、次の情報および書類が必要となります。これらは、役所への再交付申請時に必要となるものです。 ・双方当該者の氏名(夫および妻) ・双方当事者の生年月日 ・双方当事者の国籍 ・婚姻届を提出した役所名 ・婚姻日 ・再交付の理由 ・パスポートまたは運転免許証のコピー ・郵送先住所 ・電話番号 上記の情報/書類が揃い次第、再交付の申請に移ります。 婚姻届受理証明書以外の下記のような書類も同様に再交付いただけます。 ・出生届受理証明書 ・戸籍謄本/抄本 ・離婚届受理証明書 ・死亡届受理証明書 ・氏変更届受理証明書 ・記載事項証明書 ・役所が交付するその他の書類再交付の文書を取得後、必要であれば当社にて翻訳、アポスティーユ認証申請、公証人による認証への申請なども行うことができます。 当社サービスに関して質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。 Eメール:okinawatranslator@gmail.com

Tagged with: , , , , , ,

中国語の翻訳について

沖縄翻訳では、中国語から日本語または英語への翻訳を行なっております。     一口に「中国語」と言っても、その地方によって使用される話し言葉や字体の種類が異なります。 違いを大きく分けると下記となります。   話し言葉・・・ 北京語(普通話-Mandarin)              or         広東語(広東話-Cantonese)   書き言葉・・・ 繁体字(Traditional Chinese)              or         簡体字(Simplified Chinese) ****** 地域における主な違いは下記となります:   ☆ 中国本土/シンガポール    中国本土やシンガポールでは       北京語が話されますが、書面   では簡体字が遣われます。 (シンガポールの公用語は英語ですが、多くの人が中国語を話します)     ☆香港/マカオ/広東地域 香港では広東語が話され、書 面では繁体字が使用されます。    

Tagged with: , , , , , , , , ,

各種証明書

公文書 *役所交付* →全部事項証明書(戸籍謄本) →個人事項証明書(戸籍抄本) →除籍謄本/抄本 →記載事項証明 →受理証明書(大・小) →身分証明書 →所得証明書 その他 証明書 ・ ・ 外国交付文書 *米軍基地発行* →婚姻要件具備証明書 →宣誓供述書 →基地外開業許可書 その他 証明書 *行政機関発行* →出生証明書 →婚姻要件具備証明書 →独身証明書 →居住証明書 →親族関係証明書 その他 証明書 ・ ▶︎証明書の代理取得について

Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

出生に関する書類

ご両親が外国の方、もしくはご両親のどちらかが外国籍の方のお子様は、駐日の大使館・領事館または、駐日米国軍基地への出生届(報告)が必要とされています。その際の必要書類は、各国の大使館・領事館または、駐日米国軍基地の各窓口によって異なりますので、必ずご提出先へご確認いただくことが先決となります。 下記3点の出生に関する書類より、必要書類が1枚のみで良い機関、2枚以上の書類が必要となる機関がございます。(米国軍基地は受付窓口のご担当の方によって異なるようです) ・ ▼出生届記載事項証明 ▼出生届受理証明書 ▼戸籍謄本/抄本 ・ 次に、必要書類が異なる例として 米国大使館・領事館 と フィリピン共和国大使館 の 両ウェブサイトを参考にご案内いたします。 ・ 米国大使館・領事館への出生届は、ご両親のどちらかが日本国籍であれば、必要書類が戸籍謄本のみで問題ないようです▼ ・ 続いてフィリピン共和国大使館を見てみましょう。フィリピン共和国大使館へ出生届をされる際は、出生届記載事項証明書や、結婚証明書、その他諸々…▼ このように行政機関によって必要書類が異なりますので、必ずご提出先にご確認いただくようお願い致します。 ・ 翻訳をご検討の際は お気軽にご連絡ください。 ☎ 050-5534-5965 ✉ okinawatranslator@gmail.com ▶︎ 料金案内    

Tagged with: , , , , , , , , , , ,

沖縄翻訳特製☆結婚証明書☆

お客様の “鶴の一声” 『日本の婚姻届受理証明書も素敵だけど、英語バージョンの結婚証明書があれば、沖縄の思い出とともに記念になるし、一緒に飾ることで家族や友人が自宅を訪問した際、一目で婚姻の証明書と分かるから、是非、オリジナル結婚証明書を作ってもらいたいな^^』 にて誕生した結婚証明書です!アイディアを出しあい、練りに練ってついに完成した、沖縄版、沖縄翻訳特製の結婚証明書‼︎ 綺麗な英字体でお二人の名前、人生のビッグイベント結婚記念日を記載し、更に沖縄ムード漂わせるハイビスカスや可愛いシーサーの絵が入った証明書。金色オフィシャルシール付き、金色の額縁に入ったその証明書は何とも特別感の溢れる良い思い出の一品になります😊 人生のビッグイベント記念日にお一つ、いかかでしょうか⁈  Love オリジナル結婚証明書☆パート2☆ 市役所から受け取る証明書では、日本語の読める方だけに限定されてしまい、せっかくの素敵な人生の思い出の証明書を、お二人のご家族やお友達にせっかく披露しても、その特別さが伝わりません。そこで、沖縄翻訳では市役所から受け取る婚姻届受理証明書とは別に、お二人だけのためのオリジナル証明書を作成しております。 カラフルなシーサーバージョンを前回紹介させていただきましたが、今回新たに首里城バージョンを作成しましたので、この場にてお披露目させていただきます! 沖縄で出会い、結婚したことの思い出として一枚、いかがでしょうか?

Tagged with: , , , ,

公証やアポスティーユ認証取得代行サービス

書類提出先機関によっては、書類の公証またはアポスティーユ認証が必要とされる場合があります。 *公証人の認証(公証) 日本では、法律により公証権限が与えられている公証人のみ、公証(Notarization, Notaries)ができるものと定められています。そのため公証は、公証人のいる公証役場にて行われています。 公証役場にて、公証人の面前で当該証書の記載内容が真実であることを宣言し、私文書の真正性や宣言書添付書類等を公証してもらいます。 公証は、証書によって費用が異なります。認証前に、費用確認と認証の予約が必要となります。(公証役場の認証費用は、5,000円〜11,500円あたりですが、それ以上となるものもあるようです。詳細は公証人役場へお問い合わせください) 翻訳の公証認証をご希望される場合は、公証役場における費用 + 代行手数料となります。( 翻訳の必要な場合は、翻訳料金が別途かかります) 手数料等の詳細は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。 *アポスティーユ認証 公文書にアポスティーユ認証をいただく際は、書類提出先のお国がハーグ条約締約国であることが条件となります。書類提出先のお国がハーグ条約に加入していない場合は全て「公印確認」となります。 アポスティーユによる証明が可能な文書は、公文書のみとなり、私文書へのアポスティーユ認証は、先に公証役場にて公証が必要となります。この様な複雑な手続きに関しましても、私たち沖縄翻訳では申請代行サービスを提供しており、手続き完了後、お客様の元へ書類をお届け(直接お渡し or 郵送)しております。 アポスティーユ取得の代行で必要なものは、証書原本と委任状へのご署名となります。私文書におけるアポスティーユ取得に関しましては、公証人認証を要するため、アポスティーユ取得代行手数料に加え、公証役場の認証費用(5,000円〜11,500円あたりですが、それ以上となるものもあるようです。詳細は公証役場へお問い合わせとなります)+代行手数料が別途かかります。 手数料等の詳細は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。 沖縄翻訳:050-5534-5965 メール:okinawatranslator@gmail.com

Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

医療関係書類の翻訳

  医療関係書類の翻訳が要求される場合の例として…  *米軍関係機関への病院関係書類のご提出  *日本側の病院への軍病院発行書類のご提出  *ビザ申請書類としてのご提出  *保険会社へのご提出 等 がございます。   ↓ ↓ ↓ ・ ・  ・  ・ ・ ・ ・ 翻訳実績のある医療関係書類は下記の通りです。  *母子手帳  *予防接種歴証明書  *健康診断書  *紹介状/   診療情報提供書  *診断書・通院記録  *妊娠(記録)証明書  *各検査結果報告書  *出生証明書  ・ 私たち沖縄翻訳では 専門的な医療用語も 両国の医療関係者の方や 患者様、ご家族の皆様に しっかりお伝えできるよう スタッフ一丸となって 翻訳いたします。 ・ ・ お問い合わせはお気軽に ☎︎050-5534-5965 ✉ okinawatranslator@gmail.com

Tagged with: , , , , , , , , , , , , , ,
Top