☆米軍基地内の病院をご利用される場合 県内・国内の病院から基地内の病院に変更する場合、日本の病院が発行するあなたの検査結果や診療情報提供書を英語に翻訳する必要があります。 当社の場合、妊娠している日本人の奥様が、利用している日本の産婦人科から米軍基地内病院の産婦人科へ担当科を変更する際に、紹介状や検査報告書などの翻訳をご依頼されるケースが半数以上です。 また、普段は軍病院をご利用の方でも、軍病院では受けられない治療や取り扱っていない専門診療科が必要な場合には、沖縄県内・日本国内の病院を利用します。それに際し、軍病院への報告として提出する検査報告書などの医療記録の翻訳が必要となります。 ☆米軍雇用前健康診断を提出される方 米軍における雇用の合格通知を受けた方は、正式な採否を決定するため、健康診断を受け、結果を提出しなければなりません。健康診断は日本国内・沖縄県内の病院にて行われますので、結果報告書も日本語表記となります。しかし、これは米軍に提出する文書であるため、英語への翻訳が必要となります。 ☆米軍基地内の病院をご利用した方 軍病院を利用し、その後日本の病院へ移る方は、英語で発行された医療文書を日本語へ翻訳する必要があります。この場合に多いのは、日本人の奥様が軍病院で出産後、日本の市役所に子の出生届を提出する際、軍病院から発行された英文の出生証明を日本語に翻訳するというケースです。 医療文書の翻訳は当社にお任せください。

当社はたくさんの医療文書を翻訳してきましたが、特に多いのが、産婦人科医院からの紹介状(医療情報提供書)・検査結果や予防接種の記録です。 *日本の産婦人科に通っていたが、基地内の病院で出産をご予定の方*基地内でご出産された方(詳しくは▶︎こちら)*基地内の病院より、出産にかかる検査を日本の病院でするよう勧められた方 などは、日本の病院は発行する医療情報提供書や検査結果などを求められることが多く、その場合は訳文を添付します。 また、上記に加え、米国側(旦那様)の保険に加入する際や、米国ビザを申請する際に、予防接種記録や母子手帳の予防接種欄を求められることも多いです。

Tagged with:

お子様のご誕生おめでとうございます。 米国軍隊が数多くある日本では、米軍人・軍属の方と結婚される方も少なくありません。それに伴い、米軍基地内の病院でご出産される方も多いかと思います。 在日米軍基地内の病院で出生した子を日本の市区町村の役所に報告する際に必要な書類は、日本の病院で出産した場合とあまり変わりません。 上図のような、医師の署名付き出生証明書が付随した出生届を提出します。ただし、市役所によっては追加書類を求められることがあるので、提出先の役所に確認しましょう。 まれに、どうしても基地内病院の医師から署名をもらえない場合があります。その場合は、下図のような文書を提出されているお客様が過去にいました。これも、役所によって異なるかもしれませんので、事前にご確認することをおすすめします。

Tagged with: ,

ご出産おめでとうございます。 日本人女性が海外で出産した場合、赤ちゃんが出生した日から3ヶ月以内に日本の行政に届け出る必要があります。 届出の際、「出生届」という様式を記入し、出産した国より発行された出生証明書+訳文を添付し提出します。市役所によっては追加書類があるかもしれないので、提出先の市役所に確認しましょう。 提出方法は以下の2通りです。 ① 父母の本籍地を管轄する市区町村の役所に郵送で提出する ② 出産した国にある日本の大使館・領事館に提出する また、アメリカ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、カナダなどの出生地主義の国(出生に伴い自動的に国籍が付与される国)で出産した場合、出生した子はその国の国籍保持者となります。 あなたのパートナーの国籍が次のうちどのタイプかを調べましょう。 ② 父系血統優先主義    ⇨ 子の国籍は〔日本国籍+父親がB国籍なら子もB国籍を取得〕 ③ 出生地主義   ⇨ 子の国籍は〔日本国籍+出生した国がC国籍なら子もC国籍を取得〕 血統主義(親と同じ国籍)の日本では二重国籍を禁止していますが、出生に伴い自動的に国籍を与える国で出生した子に関しては、出生時に国籍を留保することで、一定の期限(22歳)まで猶予が生じます。詳しくは法務省ホームページをご確認ください。 日本国籍を失わないためにも、日本国籍を留保する意思表示のため「国籍留保の届出」も出生届と併せて提出しましょう。

Tagged with: , , , , ,