米軍隊に所属する方やその他外国籍の方とご結婚された方は、お相手の国の大使館や領事館(米軍隊はリーガルオフィス、アイパック(IPAC)オフィス等)より戸籍謄本の提出を求められることがあります。米軍隊とご結婚なされた方は必ず戸籍謄本の翻訳が必要となります。 また、留学、移住、ワーホリ、転勤などで外国へ渡航される方も、ビザ申請などの際に戸籍謄本の提示を求められることがあります。当社では日本国内で発行された戸籍謄本を英語またはその他の言語(言語の種類問わず)への翻訳を承っております。お急ぎの場合、翻訳文書を当日お受取りできることもございますので、お気軽にご相談ください。 戸籍謄本についての料金や詳しい内容はこちら Eメール: okinawatranslator@gmail.com電話番号: 050-5534-5965

プリナップ(婚前契約)についてはこちら▶︎ 婚前契約書(プリナップ)ってなに? 「どういうものかは分かったけど、なぜやっておいた方がいいの?」という方のために、プリナップを結ぶことのメリットをまとめてみました。 ① 結婚前に決め事を明確にしておく 結婚前から「離婚することになったら」について話し合うのはどうだろう?と思う方もいるかもしれませんが、離婚すると決まった時には険悪なムードになっている場合も多いかと思います。 お互いにピリピリしている時期に話し合いをして、余計に言い争いが増えるのは避けたいところです。泥沼離婚とならないためにも、ラブラブなうちにいろいろな決め事を話し合うことで、自分にも相手にも公平なルールを設けることができます。 借金の有無、貯金・資産、毎月の支出の有無(過去の離婚からの養育費支払い等)など、お互いの経済状況について把握することで、結婚後の家計などについて話し合うこともできます。 また、資産・子ども・ペット・家具などの所有物・私物・車・浮気など、普段は話しづらいことを結婚前に話し合い、相手の考えを確認・理解できる良い機会にもなります。 取り決める項目についてはこちら▶︎ 金銭面だけじゃない!決められるプリナップの項目 ② 資産を守る・経済困難を避ける 海外のセレブがプリナップを結ぶ話をよく聞きますよね。これは、自身が婚前に働いて稼いだ資産や家族から代々受け継いだ資産などを守るためです。婚前の時点でお金持ち・資産持ちの方は特に、婚前契約を結ぶことをおすすめします。 逆に、プリナップは収入がなく経済的に弱い立場の配偶者を守るものでもあります。例えば、離婚すると決まった時点で主婦・主夫の方は収入がありません。婚前契約に「離婚する際は扶助料をもらう」項目があると、離婚後における生活費などお金の心配をする必要はありませんし、結婚生活がうまくいかなかった時にも躊躇せず離婚を切り出すことができます。 ③ 移住先で自分を守る 国際結婚、特に米軍の方とご結婚される方は、相手の国に移住することも少なくありません。相手の国では自分が立場的に不利になってしまうかもしれません。 仕事がなく、家族や友人もいない、言葉もうまく通じないような外国でも自分自身を守れるよう、プリナップをご準備されることも考慮しましょう。 ④ 勢い結婚を避ける 「恋は盲目」といいますが、付き合い始めは誰だって相手のことがステキに見えるものですし、大きな問題やローンなどについて話す機会は少ないでしょう。しかし、結婚は長期間、生涯のパートナーを決めるものです。 米国エモリー大学のアンドリュー・フランシスタン氏とヒューゴ・マイアロン氏の研究結果によると、交際期間1年未満で結婚したカップルの離婚率は、3年以上の交際期間を経て結婚したカップルの離婚率より、4割も高いそうです。 特に、沖縄や地域に米軍基地があるところでは、「米軍の彼・彼女の日本国外への異動」を理由に、急いでご結婚なさる方もいます。しかし、プリナップを作成するにあたり、お金や離婚など現実的なトピックを取り決めることで、クーリングオフの期間を設け、冷静に話し合うことができます。 ⑤ 「他人同士」のうちに契約する 日本の民法には、 第七百五十四条 夫婦間でした契約は、婚姻中、いつでも、夫婦の一方からこれを取り消すことができる。ただし、第三者の権利を害することはできない。 という条項があります。すなわち、夫婦のどちらか一方が契約を「やめた」と言えば、契約を無効にすることができるのです。 しかし、婚前契約は結婚する前に結ぶ契約です。他人同士の状態で契約を結ぶので、第三者と結ぶ通常の契約と同じ効力を有します。 いかがでしたか?国際結婚にかぎらず、婚前にはプリナップの作成を考慮することをおすすめします。プリナップには、金銭面に限らず、生活面での同意事項(Lifestyle Agreement)も取り入れることができます。 沖縄翻訳では、カスタムの婚前契約書を作成しご提供いたしておりますので、入れたい文言などを追加することができます。また、国際結婚ですので、英語と日本語の両方にてお渡ししております。 ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。 ☎︎ 050-5534-5965 ✉️ okinawatranslator@gmail.com

当社では、たくさんの国際カップルをサポートしてきました。 米軍関係の方々が多い沖縄県では、「国際結婚」=「アメリカの方と結婚」と想像しがちですが、実は、皆さまいろいろな国籍の方とご結婚されているんです! もちろん、米軍関係の方が日本人以外の外国の方とご結婚されるケースも多いですよ:) 沖縄翻訳でサポートさせていただいた諸外国は以下の通りです。 ☆ アイルランド☆ アフガニスタン☆ アメリカ☆ イギリス☆ イタリア☆ インド☆ インドネシア☆ ウクライナ☆ オーストラリア☆ カナダ☆ 韓国☆ ギリシャ☆ キルギスタン☆ クロアチア☆ ケニア☆ コロンビア☆ シンガポール☆ ジンバブエ☆ スリランカ☆ スロバキア☆ スウェーデン☆ セントビンセント及びグレナディーン諸島☆ タイ王国☆ 台湾☆ 中国☆ チュニジア☆ チリ☆ ドイツ☆ トリニダード・トバゴ☆ トルコ☆ ナイジェリア☆ ニュージーランド☆ ネパール☆ ノルウェー☆ パナマ☆ ベトナム☆ ペルー☆ ベルギー☆ フィリピン☆ ブラジル☆ フランス☆ ブルガリア☆ ポーランド☆ 香港☆ マレーシア☆ メキシコ☆ ラオス☆ ルーマニア☆ ロシア 上記以外の国や、ご旅行で来日された外国人同士の日本でのご結婚も、サポートさせて頂いております。 また、沖縄県内だけでなく、県外のお客様への遠隔サポート(電話・Eメール・郵送などでの対応)も承っております。 質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

婚姻要件具備証明書(こんいんようけんぐびしょうめいしょ)は、外国人が日本で結婚する際に必ず必要な書類の一つで、日本における国際結婚において一番大切な文書です。 簡単に言えば「独身証明書」のことで、日本で結婚しようとしている外国人が、①独身を証明するために、②日本での婚姻要件を満たしていることを証明するために、そして③日本での婚姻が出身国において違法でないこと(重婚など)を証明するために発行されます。 【文書のタイトル】婚姻要件具備証明書は、自国の在日大使館・領事館に発行してもらう文書です。そのため、国によって文書の名前が異なることがあります。「婚姻要件具備証明書」以外に、「独身証明書」、「婚姻に関する宣誓供述書」、「結婚資格証明書」、「無婚姻証明書」、「婚姻関係証明書」、「婚姻状況証明書」、「婚姻障害の無いことの証明書」などと呼ばれます。 【文書の種類】婚姻要件具備証明書にはおおまかに2つのタイプがあり、 ひとつは、出身国発行の書類や証人への照会、データベース上の検索などをもとに、その外国人の婚姻状況についての記録を調べ証明するものです。フィリピン・ネパール・フランス・韓国・ニュージーランドなどを含む多くの国がこのタイプです。 もうひとつは、宣誓供述(Affidavit)または確約(Affirmation)による証明です。これは、アメリカ合衆国やイギリスが採用している方法で、簡潔にまとめると、氏名や生年月日などの個人情報と併せて「私は独身であることを約束します。」いう文言を記載し署名した文書です。 【入手先&取得方法】大使館・領事館が婚姻要件具備証明書を発行している国において、日本に居住している外国人は、原則として出身国の大使館・領事館に直接行き、文書を取得します。近くに無い場合も、ほとんどの場合、最寄りの大使館・領事館に直接出向く必要があります。  例:沖縄県に住んでいるカナダ出身の方は、東京・名古屋・大阪・札幌・福岡・広島いずれかの大使館・領事館に行く必要があります。 また、日本に居住している(在留許可証を取得・住民登録している)外国人のみを対象に婚姻要件具備証明書を発行している大使館もあります。その場合、日本への一時渡航者(訪問ビザなど)には婚姻要件具備証明書が発行されず、出身国から書類を取得・持参しなければなりません。▶︎フィリピン・ベトナムなど 在日大使館ではなく、出身国で取得しなければならない国もあります。この場合、その出身国の外務省など行政機関の公印・公証が必要な場合が多いです。すでに本人が日本に住んでいる場合は、委任状などを利用してご家族に書類を取得してもらえる場合もあるようです。▶︎ネパール・タイなど 【婚姻要件具備証明書を発行していない国】少数ですが、婚姻要件具備証明書を発行していない国もあります。その場合は、婚姻要件具備証明書の代わりとなる文書を発行しています。▶︎オーストラリア・タイなど 婚姻要件具備証明書を発行していない国出身の外国人には、役所にすべての書類を提出する際、申述書などの追加書類を要求されます。役所に問い合わせた際に、出身国が婚姻要件具備証明書を発行していない国であることを伝え、代わりに何があれば受理してもらえるか確認しましょう。 【発行における注意点】 オーストラリアやベトナムなどの婚姻要件具備証明書には、特定の文言があり、これが間違っていると役所で受理してもらえません。証明書の内容が完全に正確であるように確認しましょう。 【役所に確認する際に気をつけたいこと】外国人と婚姻する際、各市役所で必要書類が異なります。そのため、婚姻届を提出する市役所に事前に確認しましょう。役所が近い場合は、事前に直接書類をチェックしてもらい、結婚を希望する日に提出することもできます。お電話での問い合わせの場合は、次を確認するようにしましょう。・必要書類・訳文が必要な文書・その他気になること・質問など

皆さまは「婚前契約書」というものをご存知でしょうか?日本ではまだあまり知られていませんが、英語ではPrenuptial Agreement(略して「プリナップ」と呼ばれています)またはPremarital Agreementといって、英語圏はもちろん、それ以外の国々でも決して珍しいものではありません。 婚前契約書とは、カップルが結婚前に交わす約束ごとを記した文書です。主に、離婚した際に財産分与で揉めないために作成する文書ですが、「収入は互いに報告する」「家事の分担」「扶助料」などを詳しく記載することもできます。 ここでの財産とは、土地や現金だけではありません。家や車などの大きなものから、電子レンジ、お揃いのマグカップ、コレクション、書籍、ブランド品、一緒に住んでいる家の壁時計などといった小さな所有物も「個人の財産」としてカウントされます。 円滑な婚姻生活を送るため、互いにルールを守るため、そして特に国際結婚の場合は夫婦間の価値観への理解を事前に深めるため、書面にしてみるのはいかがでしょうか? ▶︎ プリナップ(婚前契約)を結んでおきたい5つの理由 パートナーが婚前契約書の作成を反対する場合も考えられます。「婚姻前から離婚後のことを考えるなんて!」と思ってしまうのも無理ありません。 しかし、婚前契約書は夫と妻の両方を守るためのものですから、場合によってはパートナーの財産等を守ることにもなるのです。 また、次の場合に婚前契約書を結んでいると、将来的に安心できるかも。 * 夫婦の収入に大きな差がある * どちらか一方が多額の資産を有する * 子どもが生まれたら退職する予定である * 離婚歴があり、過去の婚姻からの子ども、養育費の支払い義務、家屋の所有、資産などの特別な状況にある * どちらか一方に借金がある 取り決める項目についてはこちら▶︎ 金銭面だけじゃない!決められるプリナップの項目 上記以外にも、思わぬ点で婚前契約書が役に立つかもしれないので、あなたへの利点を考えてみてはいかがでしょうか☺︎ 沖縄翻訳では、カスタムの婚前契約書を作成しご提供いたしておりますので、入れたい文言などを追加することができます。また、国際結婚ですので、英語と日本語の両方にてお渡ししております。 ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。

国際結婚をされたご夫婦で 妻が 夫のファミリーネーム (氏=苗字) を称する場合は、市区町村役場で『 氏(うじ)変更届 』の提出が必要となります。ご結婚後 ” 6ヶ月以内 ” であれば市区町村役場で氏変更手続きが出来ますが、ご結婚後6ヶ月過ぎてから氏変更をする場合は、家庭裁判所へ「氏の変更許可」の申立てが必要となります。 【参考:北谷町役場の氏変更届受理証明書】 日本に於ける国際結婚による氏変更は ご本人の任意とされていますので、ご自分で決めることが出来ます。氏変更をされなくても「戸籍謄本」や「婚姻届受理証明書」等にてご夫婦であることの証明は出来ますので、夫婦別姓のままのカップルさんもいらっしゃいます。また現在の日本のパスポートでは、氏の欄に 正式な(日本の)氏と、夫のファミリーネームを(括弧書きで)表記してもらえます。 【参考:外務省ウェブページ別名併記制度より】

言葉や文化は違うけれども人生のパートナーはこの人しかいない!と互いの心が通い合った時、「結婚」「家族」という選択に自然と向かい進んでいく… 二人で決めたことを互いの家族にも歓迎してもらいたい!そんなお気持ちの中、親御さんに反対されると悲しくなり前向きになれないですよね。自分でも難しいことがある感情のコントロールは、相手のものとなると尚更、どうして良いか分からなくなります。そんな渦に飲まれそうになっている方の助け舟となりそうな事例を今回紹介してみたいと思います。国際結婚をされた先輩カップルが、どのように親御さんを説得されたのか… 説得方法 その1「お手紙」 切実な思いを正直に伝えることで、親御さんの滞ったお気持ちも和らぐようです^^(先輩方は 英語 の Letter に和訳文書を添付してお渡しされております) その2「お食事会」 親御さんのお気に入りの場所で、お食事やお酒を嗜むなど、一緒に楽しいお時間を過ごすことにより距離感がぐっと近くなるようです^^(会計のお支払いをしっかりすることで経済力の証明が出来て信頼度upです!) その3「祖父母や兄弟姉妹と先に仲良くなる」 おばあちゃんを一緒に訪問したことがきっかけで親戚との交流ができ、第3者(周り)の力で親御さんを説得することができたそうです^^ 以上が、事例の多い説得方法です。 番外編として、婚約者のご家族の写真や母国の写真、お土産などをご持参することで会話が盛り上がり、互いのご家族に親近感を覚えるそうです。 また少しの日本語をお話しするだけでも、親御さんはご安心されるようですので、「こんにちは、初めまして」 「お元気ですか?」「よろしくお願いします」など、覚えられそうな日本語をいくつか練習しておくとポイントupに繋がるようです^^ 上記内容の英訳は以下となります。お二人で共有いただけますと幸いです^^ How To Convince The Parents # 1 “Write a Letter” Write a letter to the parents about your earnest feelings with sincerity. …

親御さんの説得 Read more »