公文書 *役所交付* →全部事項証明書(戸籍謄本) →個人事項証明書(戸籍抄本) →除籍謄本/抄本 →記載事項証明 →受理証明書(大・小) →身分証明書 →所得証明書 その他 証明書 ・ ・ 外国交付文書 *米軍基地発行* →婚姻要件具備証明書 →宣誓供述書 →基地外開業許可書 その他 証明書 *行政機関発行* →出生証明書 →死亡証明書 →婚姻要件具備証明書 →独身証明書 →婚姻証明書 →離婚証明書 →居住証明書 →親族関係証明書 その他 証明書 ・ ▶︎証明書の代理取得について

ご両親が外国の方、もしくはご両親のどちらかが外国籍の方のお子様は、駐日の大使館・領事館または、駐日米国軍基地への出生届(報告)が必要とされています。その際の必要書類は、各国の大使館・領事館または、駐日米国軍基地の各窓口によって異なりますので、必ずご提出先へご確認いただくことが先決となります。 下記3点の出生に関する書類より、必要書類が1枚のみで良い機関、2枚以上の書類が必要となる機関がございます。(米国軍基地は受付窓口のご担当の方によって異なるようです) ・ ▼出生届記載事項証明 ▼出生届受理証明書 ▼戸籍謄本/抄本 ・ 次に、必要書類が異なる例として 米国大使館・領事館 と フィリピン共和国大使館 の 両ウェブサイトを参考にご案内いたします。 ・ 米国大使館・領事館への出生届は、ご両親のどちらかが日本国籍であれば、必要書類が戸籍謄本のみで問題ないようです▼詳細は下記クリックしていただき米国大使館・領事館ウェブサイトにてご確認ください▼(2021年6月現在) ・ 続いてフィリピン共和国大使館を見てみましょう。フィリピン共和国大使館へ出生届をされる際は、出生届記載事項証明書や、結婚証明書、その他諸々…▼ このように行政機関によって必要書類が異なりますので、必ずご提出先にご確認いただく旨お願い申し上げます。 ・ 翻訳をご検討の際は お気軽にご連絡ください。 ☎ 050-5534-5965 ✉ okinawatranslator@gmail.com ▶︎在日米軍の軍病院でご出産された方 ▶︎海外出産とに日本への届出 ▶︎ 料金案内

▼ 戸籍謄本の見本 ▼   更に詳しくは こちらをクリック ▶︎「戸籍謄本」と「戸籍抄本」の違いは?

在日オーストラリア大使館ウェブサイト内 参照画面▼ ▶︎ 国際結婚 ▶︎ 料金案内

・ 在日米国大使館・領事館ウェブサイト内 参照画面▼ ▶︎那覇 米国総領事館ご予約ページ ↑名称は那覇ですが住所は 浦添市 になります。 ▶︎在沖米国総領事館(Googleマップ) ▶︎ 国際結婚 ▶︎ 料金案内

▶︎ネパール大使館ウェブサイト ▶︎ 国際結婚 ▶︎ 料金案内

▶︎ 国際結婚 ▶︎ 料金案内 ▶︎ 戸籍謄本/抄本

香港より、今回2度目の沖縄訪問〜♪ ご結婚された凄くお似合いのカップルさんです〜 (´∀`σ)σ 本日特別に出勤してくれたセキュリティ犬のブラッキーもご一緒させていただきました☆ (こ、これはっ!後光!?☆…逆光?…) ご結婚おめでとうございます!!(*^▽^*) U^ェ^U ワン♪