米軍基地へ医療文書を提出される方・米軍基地から医療文書を発行された方

☆米軍基地内の病院をご利用される場合

県内・国内の病院から基地内の病院に変更する場合、日本の病院が発行するあなたの検査結果や診療情報提供書を英語に翻訳する必要があります。

当社の場合、妊娠している日本人の奥様が、利用している日本の産婦人科から米軍基地内病院の産婦人科へ担当科を変更する際に、紹介状や検査報告書などの翻訳をご依頼されるケースが半数以上です。

また、普段は軍病院をご利用の方でも、軍病院では受けられない治療や取り扱っていない専門診療科が必要な場合には、沖縄県内・日本国内の病院を利用します。それに際し、軍病院への報告として提出する検査報告書などの医療記録の翻訳が必要となります。

☆米軍雇用前健康診断を提出される方

米軍における雇用の合格通知を受けた方は、正式な採否を決定するため、健康診断を受け、結果を提出しなければなりません。健康診断は日本国内・沖縄県内の病院にて行われますので、結果報告書も日本語表記となります。しかし、これは米軍に提出する文書であるため、英語への翻訳が必要となります。

☆米軍基地内の病院をご利用した方

軍病院を利用し、その後日本の病院へ移る方は、英語で発行された医療文書を日本語へ翻訳する必要があります。この場合に多いのは、日本人の奥様が軍病院で出産後、日本の市役所に子の出生届を提出する際、軍病院から発行された英文の出生証明を日本語に翻訳するというケースです。

医療文書の翻訳は当社にお任せください。

私はデビット・ヒギンズと申します。法的文書から一般的文書、その他各書類等を翻訳しております。日本語と英語を始め、中国語、韓国語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語などの言語も翻訳いたしております。私のオフィスは、沖縄県北谷町にあります。ご質問やご相談の際はお気軽にお問い合わせ下さい。またオフィスへのお立ち寄りも歓迎しておりますが、営業・配達等でオフィスを留守にすることもある為、お越しの際はご連絡からお願い致します