日本と海外の結婚式の違い【付添人・テーマ編】

最近では、日本でもブライズメイド(Bridesmaid)やグルームズメン(Groomsmen)を使う方をみたりします。これはヨーロッパや北アメリカによくみられる風習で、通常引き受けてくれた方々は「ブライド(新婦)またはグルーム(新郎)の結婚式までの道のりをサポートします」という意味です。

ブライズメイドのうち、リーダー的なまとめ役を担う人のことを【メイドオブオナー(Maid of Honor)】、グルームズメンのうちのまとめ役を【ベストマン(Best Man)】と呼びます。これらに選ばれることはとてもとても光栄なことで、お願いする時にサプライズをしたり、嬉しすぎて涙を流す人もいたりします。ぜひYouTubeなどで検索してみてください!

ブライズメイド(女)やグルームズメン(男)には、兄弟姉妹、義兄弟姉妹、いとこ、仲のいい親類、親友、友人など、同世代の親しい方々を選びます。人数は自由ですが、両方の数を揃えるのが一般的です。(入場やダンスでのペア作り等のため)

また、グルームズメンは、バチェラーパーティー(Bachelor Party)、スタッグパーティー(Stag Party)、バックスナイト(Buck’s Night)と呼ばれる新郎の独身最後の夜を過ごす、いわゆる「独身さよならパーティー」の主催やお供をすることが多いそうです。新婦の場合は、ブライズメイドとともにバチェロレットパーティー(Bachelorette Party)で独身最後の夜を楽しみます。

多くの場合、新郎新婦になる人へのお祝いを意味して、ブライズメイドやグルームズメンがすべての費用を負担します。

結婚式を特別なものにしたい!と思うのは日本も海外も一緒。海外(特に西欧)では、カップルが結婚式の「テーマ」を決め、参加型にすることもあります。テーマは様々で、「カントリー(田舎風)」、「マーメイド」、「ビンテージ」、「中世ヨーロッパ風」、「カジュアル」、「紫色」、「自然」、「マスカレード」「映画グレイテストショーマン」などひとつのテーマを決め、そのテーマに沿って飾り付けや食事の用意などをします。その際、雰囲気作りのため、ドレスコードを設けることがあります。招待状で確認したり、ドレスコードやNGカラーはあるか直接聞いたりすると当日の服装も決めやすいですよね。

ちなみに、ブライズメイドやグルームズメンを頼まれた方は、他のメンバーと衣装のスタイルや色を揃えます。

結婚式。考えれば考えるほどワクワクしますね!
よければこちらもお読みください⇨【式場・ダンス編】/【ご祝儀・食事編】

私はデビット・ヒギンズと申します。法的文書から一般的文書、その他各書類等を翻訳しております。日本語と英語を始め、中国語、韓国語、インドネシア語、ポルトガル語、スペイン語などの言語も翻訳いたしております。私のオフィスは、沖縄県北谷町にあります。ご質問やご相談の際はお気軽にお問い合わせ下さい。またオフィスへのお立ち寄りも歓迎しておりますが、営業・配達等でオフィスを留守にすることもある為、お越しの際はご連絡からお願い致します

Tagged with: , , , , ,