現在、再婚をお考えになっていらっしゃる方で、6ヶ月間の再婚禁止期間が早く過ぎ去ってくれることを心待ちにしていらっしゃる方!嬉しいニュースです。

Remarry 2つい先日、女性の再婚禁止期間6ヶ月が違憲であるとの判決が下されたのはご存知でしょうか?その後再婚禁止期間を100日間に短縮するという案があったことまでは私たちも認識はしていましたが、いつその様な変更があるかというのはつい最近まで知りませんでした。ですが、なんと…

すでに市町村の役所では離婚から100日経っている(つまり再婚禁止期間100日間を超えている)方の再婚を認めていることが判明しました!

ですので、早速再婚の手続きを開始したいという方がいましたら、お気軽にお電話またはメールにてのご連絡、お待ちしております!

 

沖縄翻訳は、沖縄県北谷町に位置している翻訳事務所です。婚姻や離婚、出産、戸籍謄本など様々な行政手続きに関する書類を始め、診断書や個人的な文書に至るまで、日本語⇄英語以外にも様々な言語への翻訳を行っております。再婚をお考えの方だけでなく、日本語から他言語への翻訳を必要としている方がいらっしゃいましたら、お気軽にご連絡ください。

DSC03101_mh1445949292542

10月の気持ち良いお天気の中、またまた素敵なご夫婦の誕生です!

初めてメールご連絡いただいたのは4ヶ月前。沖縄の観光を兼ねての国際結婚(婚姻届出)の成功を願い、必要書類等を確実にご用意するため度重なるご確認のもと、ついに!ついに!素晴らしいこの日を迎えることができたお二人です♪

お二人の趣味は、ハイキング!香港の有名な24時間ハイキングをされたこともあるとの事!(驚) 寝ないで歩き続けるそうです☆(;゜口゜)ノノ

人生の道もお二人仲良く歩んでいける✨そんなカップルさんでした*^^*

書類提出先機関によっては、書類の公証またはアポスティーユ認証が必要とされる場合があります。

*公証人の認証(公証)

日本では、法律により公証権限が与えられている公証人のみ、公証(Notarization, Notaries)ができるものと定められています。そのため公証は、公証人のいる公証役場にて行われています。

公証役場にて、公証人の面前で当該証書の記載内容が真実であることを宣言し、私文書の真正性や宣言書添付書類等を公証してもらいます。

公証は、証書によって費用が異なります。認証前に、費用確認と認証の予約が必要となります。(公証役場の認証費用は、5,000円〜11,500円あたりですが、それ以上となるものもあるようです。詳細は公証人役場へお問い合わせください)

翻訳の公証認証をご希望される場合は、公証役場における費用 + 代行手数料となります。( 翻訳の必要な場合は、翻訳料金が別途かかります)

手数料等の詳細は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

*アポスティーユ認証

公文書にアポスティーユ認証をいただく際は、書類提出先のお国がハーグ条約締約国であることが条件となります。書類提出先のお国がハーグ条約に加入していない場合は全て「公印確認」となります。

アポスティーユによる証明が可能な文書は、公文書のみとなり、私文書へのアポスティーユ認証は、先に公証役場にて公証が必要となります。この様な複雑な手続きに関しましても、私たち沖縄翻訳では申請代行サービスを提供しており、手続き完了後、お客様の元へ書類をお届け(直接お渡し or 郵送)しております。

アポスティーユ取得の代行で必要なものは、証書原本と委任状へのご署名となります。私文書におけるアポスティーユ取得に関しましては、公証人認証を要するため、アポスティーユ取得代行手数料に加え、公証役場の認証費用(5,000円〜11,500円あたりですが、それ以上となるものもあるようです。詳細は公証役場へお問い合わせとなります)+代行手数料が別途かかります。

手数料等の詳細は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

沖縄翻訳:050-5534-5965

メール:okinawatranslator@gmail.com

ご経営者の皆様は、外国の会社や、外国人のお客様とご契約を結ぶ際に、お困りになっていませんか?

契約書は、全事項漏れなく相手の方にしっかり伝えなければなりません。

皆様の大切なご契約書をネイティブと日本人スタッフで翻訳いたします。

契約書翻訳例▼

  • 賃貸借契約書

  • 売買契約書

  • 定款

  • 組合規約

  • 雇用契約書

  • 誓約書

  • 遺産分割協議書

翻訳は、分かりやすいことはもちろん、法律用語や業界用語を確認し、翻訳後は誤りのない様二重三重に校正チェックし翻訳文書を仕上げております。

 

医療関係書類の翻訳が要求される場合の例として…

 *米軍関係機関への病院関係書類のご提出

 *日本側の病院への軍病院発行書類のご提出

 *ビザ申請書類としてのご提出

 *保険会社へのご提出

等 がございます。

診療情報提供所(紹介状)

  ↓ ↓ ↓


 ・ 

翻訳実績のある医療関係書類は下記の通りです。

 *母子手帳

 予防接種歴証明書

 *健康診断書

 *紹介状/

  診療情報提供書

 *診断書・通院記録

 *妊娠(記録)証明書

 *各検査結果報告書

 *出生証明書

 ・

私たち沖縄翻訳では

専門的な医療用語も

両国の医療関係者の方や

患者様、ご家族の皆様に

しっかりお伝えできるよう

スタッフ一丸となって

翻訳いたします。

お問い合わせはお気軽に

☎︎050-5534-5965

✉ okinawatranslator@gmail.com

▶︎ 料金案内

 

香港より、今回2度目の沖縄訪問〜♪
ご結婚された凄くお似合いのカップルさんです〜 (´∀`σ)σ
本日特別に出勤してくれたセキュリティ犬のブラッキーもご一緒させていただきました☆
(こ、これはっ!後光!?☆…逆光?…)

ご結婚おめでとうございます!!(*^▽^*) U^ェ^U ワン♪

Happy Hong Kong Couple

 

 

外国のおかしな日本語の看板やメニュー、広告をご覧になったことはありますか?ネットで『おかしな日本語』や『変な日本語』で検索すると閲覧することができます。微笑ましく思えるおかしな日本語もあれば、厳しい;と感じる異様な日本語もあります。日本語が分かる日本人だからこそ、違和感を覚えます。その反面、日本語が外国語である方々が、そのおかしな日本語に気づいたり、違和感を覚えたりするものでしょうか? 恐らく、気にも留めない方が殆どではなかろうかと思います。

次に挙げる2つの例を想像してみて下さい。

例1)あなたは海外旅行を楽しんでいます。お土産を探して商店街へ出かけました。どこもかしこも似たようなお店で、商品も金額も殆ど同じです。そこで、おかしな日本語を使ったお店と、正しい日本語を使ったお店があるとしたら、どちらのお店を選びますか?

(私だったら…正直、後者です。前者へ行くとしたら、ネタとして写真を撮りに…でしょうか;)

例2)あなたは外国に住んでいます。自宅のポストに日本語のチラシが2枚入っていました。1枚は理解できない日本語での広告、もう1枚は解りやすく読みやすい日本語での広告、どちらに最後まで目を通しますか? また、それら広告からの影響はどうですか?

(私だったら…正直、意味不明のチラシより理解できるチラシに目を通します。意味不明のチラシは速攻、爪切り専用…となります☆;)

以上に挙げた2つの例は、沖縄に在住中の外国の方々が日常で遭遇することです。翻訳代を削りおかしな英語で広告を印刷した場合と、正しい英訳の広告を(翻訳代を差し引いた金額分で)印刷した場合、どちらに手応えがあるでしょうか? また、受取側=お客様の立場になってご想像してみてください。内容が把握できる広告をもらった場合と、意味不明な英語の広告をもらった場合の受取側のお気持ちには、どのような違いが見られるでしょうか?

 

広告の英訳をご検討の際は

沖縄翻訳へお気軽にお問い合わせください。

一文字13円:文字数 ×13 = 翻訳料金

*ネイティブスピーカーがきちんと英訳いたします。

☏ 050-5534-5965

メール:okinawatranslator@gmail.com

 

 

 

インターネットより翻訳事務所を検索し、私たち沖縄翻訳を訪問してくださったお客様方がおられました。お客様の一人は外国の方、もう一人は本土の方でしたので、私たち事務所を探すのに大変だったと思いますが、暑い中お越しくださいました。翻訳ご依頼の書類は、お客様の会社でご利用される契約書でした。東京の翻訳事務所の翻訳価格より安く、またネイティブスピーカーが英訳するので安心とのことで、翻訳をご依頼してくださいました。お支払していただいた後、9ページある日本語の契約書を2日かけて英訳し、英訳完了ファイルをメールにて送信いたしました。

今回いただいた実際のご依頼からお受取までの流れは下記のとおりでした。

水曜ご依頼 → お支払後(お振込) → 翻訳 → 金曜お受取(夕方5時頃)

その後、英語圏外国人のお客様より翻訳の高評価をいただきました。大変嬉しく、有難いことです。これからも、ネイティブスピーカーだからこそできるお仕事をさせていただけるよう、日々邁進いたします!

 

 

フレドリック・マーチン氏が著作し、私たちが翻訳した本を紹介いたします。

この本では、沖縄本島と離島にあるマンホールが、写真と解説つきで掲載されています。そこには、マーチン氏の沖縄のマンホールに対する熱心な研究と、作成に掛かった膨大な時間と仕事が愛情とともに込められており、沖縄の各市町村や地区で使用されている様々なマンホールデザイン見ることが出来ます。私たちは、この本を翻訳するとともに、マンホールが語る多くの沖縄の文化について学ぶことができました。この本は、沖縄の文化について、もっと深く知りたいと思わせる本です。この本を読んだ後、あなたは、通る道々でマンホールを見つけては、どのようなデザインになっているか気にとめるようになり、また、見てみたいと思うようになるでしょう。

沖縄翻訳が翻訳した本

全42ページ、すべてフルカラーで、沖縄のマンホールはもちろんのこと、沖縄の風景や文化、地元の人々などの美しい写真が掲載されています。

ご購入は、Lulu.com で、日本語版(約1600円)または英語版(約16ドル)どちらか選べます。