アポスティーユ認証取得の代行サービス

*アポスティーユ認証

公文書アポスティーユ認証をいただく際は、書類提出先のお国がハーグ条約締約国であることが条件となります。書類提出先のお国がハーグ条約に加入していない場合は全て「公印確認」となります。

アポスティーユによる証明が可能な文書は、公文書のみとなり、私文書へのアポスティーユ認証は、先に公証役場にて公証が必要となります。この様な複雑な手続きに関しましても、私たち沖縄翻訳では申請代行サービスを提供しており、手続き完了後、お客様の元へ書類をお届け(直接お渡し or 郵送)しております。

アポスティーユ取得代行で必要なものは、証書原本と委任状へのご署名となります。私文書におけるアポスティーユ取得に関しましては、公証人認証を要するため、アポスティーユ取得代行手数料に加え、公証役場の認証費用(5,000円〜11,500円あたりですが、それ以上となるものもあるようです。詳細は公証役場へ問い合わせとなります)+代行手数料が別途かかります。

ヨーロッパ各国は殆どのお国が、書類原本+翻訳文書全てアポスティーユ認証を要するようです。その場合は、公文書であっても公証役場で認証(認証1件費用:11,500円)をいただいた後でなければアポスティーユ認証申請をすることが出来ませんので「公証人+アポスティーユ」の2つの認証が必要となります。

*

手数料等の詳細は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。


沖縄翻訳:050-5534-5965

メール:okinawatranslator@gmail.com

 

離婚に関する書類

離婚届受理証明書

市役所で離婚届を提出した際、離婚届受理証明書を発行してもらう方は少ないかもしれません。しかし、海外の配偶者と離婚した場合、相手方の母国にもその旨を報告する義務があります。

市役所で離婚届を提出した際、離婚届受理証明書を発行してもらう方は少ないかもしれません。しかし、海外の配偶者と離婚した場合、相手方の母国にもその旨を報告する義務があります。

日本の市役所発行の離婚届受理証明書は、他の証明書同様、日本語で記載されていますので、英語または相手方母国の言語に翻訳する必要があります。 また、過去に離婚した方が外国人と再婚する際、相手方の母国に婚姻を報告する時に「離婚届受理証明書とその訳文を提出してください」と言われることがほとんどです。

調停調書

調停調書は、離婚調停が成立した際に発行される文書です。

離婚を証明するだけであれば、上記の「離婚届受理証明書」で問題ありません。

しかし、提出先によっては、調停離婚の際に決められた事項などの確認のために調停調書とその訳文を求められる場合があります。

外国裁判所発行の離婚判決書

海外の裁判所にて離婚手続き・調停などを行なった方は、離婚した旨を母国である日本の市役所に提出する義務があります。

市役所によっては「すべて翻訳してきてください」というところと「大事な箇所だけ翻訳しても構いません」というところがありますので、まずは本籍地または住民登録のある市役所に問い合わせましょう。

裁判所関連文書

訴状・起訴状

訴状とは、*1民事訴訟において原告が裁判所に提出する「訴訟の理由や事柄の詳細(内容)」を記した文書を指します。

「危害を加えてしまった相手が日本語を理解できない外国人であった場合」や「日本語を理解できない外国人により加害された場合」等で、発生した事柄が民事裁判に発展した場合、双方が内容・詳細を理解する必要があります。

裁判当日の*2通訳はもちろんですが、関連する文書の翻訳も必要となる場合がほとんどです。

訴状の翻訳に関する質問や見積もりのご依頼は沖縄翻訳  山城までお問い合わせください!

*1民事訴訟:個人間の紛争・賃金の返還・不動産明渡し・賠償金請求など、様々な種類があります。

*2裁判での通訳は、裁判所が通訳人を指定している場合としていない場合があります。

起訴状とは、検察官が裁判所に有罪判決を出すように請求する、公訴の提起を行う書面です。

裁判当日の*2通訳はもちろんですが、関連する文書の翻訳も必要となる場合がほとんどです。

*2裁判での通訳は、裁判所が通訳人を指定している場合としていない場合があります。

氏名変更

「氏名変更」と聞くと市町村役場での手続き等で簡単にできるイメージがありますが、実はそれができるのは決まった場合の決まった期間のみです(例えば、婚姻時に氏の変更をしたい場合、婚姻届受理日から一定期間内に「氏の変更届」を役所に提出すると、氏の変更が可能となります)。

それ以外の場合は、裁判所にて「氏(または名)の変更許可申立」をし、許可を得ることで氏や名の変更を行います。

氏名変更の事由はお客様によって様々です。例としては、

☆  両親の離婚に伴う子の氏の変更

☆  日本で生活する際の英名から日本名への変更(二重国籍を保有する未成年者など)

☆  他国に提出した自分の氏名と日本側の氏名が一致しない

….などがあります。

補足:現在の氏名に他の氏名を一部として付け足す場合も、同様に(同じ手順で)氏名変更の手続きを行います。

例:ジョン・スミス →    ジョン・太郎・スミス

氏名に変更が生じ、その氏名が登録されている他国へ報告する際、裁判所が発行した書類をその国の言語に翻訳する必要がある場合があります。

養子縁組

養子縁組の事由は様々です。

例を挙げると、

☆ 再婚し、相手の子供と養子縁組を行う

☆ 自身の子が相手と養子縁組を行う

☆ 養子を迎える/特別養子縁組

☆ 孫と養子縁組を行う

…などがあります。

養子縁組に際し、その手続きに外国人が関係する場合(例:再婚相手が外国人であり、その者の子と養子縁組を行う)、外国人側の国での手続きなどのため、文書の翻訳文の添付が必要となる場合があります。

外国人が関係する場合で養子縁組の解消(協議離縁・調停離縁・裁判離縁の3つがあります)を行った際にも、文書を翻訳しなければなりません。

また、外国より養子を迎える方は、その国や地域の養子縁組に関する法律を日本にて引用・参照する必要があり、裁判所や弁護士などの要求により訳文とともに提出する必要がある場合があります。

アメリカ合衆国だと、州法のうちの養子縁組に関する法律などです。

事件・事故など

違法行為・不法行為・不当行為など(事件や事故を含む)が確認されると、裁判へ発展する可能性があります。

例を挙げると、

☑   日本人と多国籍保有者間の問題

☑ 日本国籍を保有する者が外国で法律を犯す行為をした場合

☑   外国籍である者が日本で法律を犯す行為をした場合

…などとなります。

その場合、訴状や証拠説明書を始めとした訴訟に関連のある文書の翻訳が必要となる場合があります。

裁判中に使用する書式の種類は、各事件(ケース)によって異なりますが、当社では上記に加え、調書判決や起訴状などの翻訳も致しております。

裁判所にのみ提出する文書もありますが、相手方や相手方の弁護士に副本(写し)を送らなければならない場合もあります。

自身の弁護士や裁判所に翻訳すべき文書の有無を確認しましょう。 また、裁判所が保有する裁判関連の記録文書(裁判所により発行手数料が発生します)の翻訳も行っております。

未成年後見人選任

未成年後見人選任申立事件も翻訳依頼が多い書面の1つです。

裁判所は英語やその他外国語で書類を発行するところはあまり見受けません。

相手方が外国人の場合、その方も内容が理解できるよう、また、法律文書となりますのでほとんどの場合、相手方の母国にも手続き等で使用されるため、翻訳が必須となってきます。

その他の法律文書

当社では、いかなる法律文書の翻訳も受け付けております。過去の法律文書の翻訳実績も豊富です。

Tagged with: , , , , ,

通訳サービス

基本料金:1時間につき 10,000 円

1時間以内の通訳でも基本料金10,000 円となり、1時間以上は延長30分毎に 5,000 円が追加されていきます。尚、通訳者のスケジュールもございますので、ご利用されたい日時に提供できない場合もございます。日程の調整をいたしますので、なるべく余裕をもってご予約をお願いいたします。土曜/日曜/祝日及び営業時間外また遠方への通訳手配は、時間外手数料交通費別途発生する場合がございます。ご了承ください。

通訳サービス例)

行政機関や裁判所での手続き、表敬訪問、医療機関、会社見学/案内/会談や商談、家族やお友達とのパーティ 等、様々な場面でご利用いただけます。

ご予約の際は お電話またはメールにて賜っております。

☎️ 050-5534-5965

✉️okinawatranslator@gmail.com

通訳者の紹介:現在のところ 日英通訳者(女性)のみとなります。

祝!沖縄翻訳7年目!

拝啓 立秋の候 皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当事務所は、今月で開業7年目を迎えることができました。
お客様なしではここまで辿り着くことはできませんでした。

沖縄翻訳では、皆様のご支援にお応えし、今後よりも一層の精進を重ねてまいる所存でございます。

今後とも何卒変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

沖縄翻訳 スタッフ一同

Tagged with: , , , ,

中国語の翻訳について

沖縄翻訳では、中国語から日本語または英語への翻訳を行なっております。

 

 

一口に「中国語」と言っても、その地方によって使用される話し言葉や字体の種類が異なります。

違いを大きく分けると下記となります。

 

話し言葉・・・ 北京語(普通話-Mandarin)

             or

        広東語(広東話-Cantonese)

 

書き言葉・・・ 繁体字(Traditional Chinese)

             or

        簡体字(Simplified Chinese)

******

地域における主な違いは下記となります:

 

☆ 中国本土/シンガポール

   中国本土やシンガポールでは

      北京語が話されますが、書面

  では簡体字が遣われます。

(シンガポールの公用語は英語ですが、多くの人が中国語を話します)

 

 

☆香港/マカオ/広東地域

香港では広東語が話され、書

面では繁体字が使用されます。

 

 

 

 

    ☆ 台湾

     台湾では北京語が話され、書

       面では繁体字が使用されます。

 

 

いかがでしょう。

 

もう一度簡単にまとめると、

・中国本土/シンガポール:  北京語 &  簡体字

・香港/マカオ/広東地方:  広東語 &  繁体字

・台湾:                                  北京語 &  繁体字

 

このように、それぞれの地域によって話される言葉と書面の字体の組み合わせが変わってきます。

沖縄翻訳では、どちらの地域の言語/字体への翻訳も対応しております。

お見積もりは無料で行なっておりますので、ご連絡お待ちしてます!

Tagged with: , , , , , , , , ,

遺産相続に関する書類

 

Tagged with: , , , , , , , , , , ,

取扱説明書

取扱説明書の翻訳実例は次の通りです。

・商品に関する説明書

・工具・部品の説明書

・教材としての取扱説明書

・安全管理上の室内設置状況解説書

その他、ご相談ください。

下記メールアドレスへ文書ファイル等をご送付いただければ、無料にてお見積さし上げます。

okinawatranslator@gmail.com

例)英文取扱説明書の和訳

Tagged with: , , , , , , , , , , , , ,

チラシ英訳

広告・チラシ・フライヤー のアイディアやデザインを手書きにてご持参された場合でも、対応しております。(最低料金:5000 円〜)

英訳のファイルを作成後、お客様のご希望に応じて、プリントアウトした文書タイプ・ワードファイル・その両方をお渡し致します。

(文書のプリントアウトは 1〜5部 までとなりますので、実際のチラシ作成は、他の専門業者の方へご依頼ください)

以下、英訳料金 5000  のファイル例となります。

例)ご持参のメモ書き

 ファイル作成

 チラシ完成

お時間宜しければ、下記ブログもご覧ください。

・理不尽な英語広告からビジネスへと繋がるでしょうか?

▼ お問い合わせ▼

☎︎ 050-5534-5965

✉ okinawatranslator@gmail.com

Tagged with: , , , , , ,

お支払い方法

お支払い方法

翻訳ご依頼の過程が、お客様にとってスムーズな進行になりますよう、沖縄翻訳では複数のお支払い方法をご用意しております。お客様がご利用されやすい方法を下記よりお選びください。

・現金( 当事務所にてお支払 )

- 日本円または米ドル

・ビザカード

・マスターカード

・JCBカード

・アメリカンエクスプレスカード

・ペイパル

・お振込( 沖縄銀行 / 琉球銀行 / ゆうちょ銀行 )

なお、沖縄翻訳では原則としてお支払い完了後の翻訳開始となります。予めご了承願います。

各種文書の翻訳料金はこちら

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お受取り方法

・事務所にて直接お受取:北谷町港の当事務所にて、原本を直接お受取いただけます。

・普通郵便:沖縄県内/県外のお客様へ、無料にて普通郵便による郵送お届けサービスを提供しております。

・速達/レターパック郵便:お急ぎ且つ当事務所に直接お越しになるのが困難なお客様へ、有料にて速達による郵送お届けサービスを提供しております。

・海外郵送:海外にいらっしゃるお客様で原本が必要な方は、有料にて海外住所宛の郵送お届けサービスを提供しております。

 

Tagged with:
Top